ローン金利の計算式は

ローン金利の計算式は以前にも書いたのですが、念のためもう一度。
<借入残高×実質年率(%)÷365(一日あたりの利息額)×借りていた日数>です。
借り入れ額が大きくなってくると利息分の支払いもばかになりません。
おまとめローンは複数の借り入れをまとめるので、その分額が大きくなるのは致し方ないことだと思います。
利息が大きな負担にならないように、しっかり把握しながら返済していきたいものですね。
一般的に借り入れ額が大きくなるほど実質年率は低く設定され、借り入れ額が小さいほど実質年率は最高金利に近くなります。
なので、小額の借り入れなら最高金利が低めのところで借りるのがベターと言えるでしょう。
おまとめローンや借り換えを考えている場合、上記の計算式を知っておくと判断材料のひとつにできますね。
おまとめローンで今日中に一本化!審査早いのは?【即日融資!】